AGERTOとは何?

AGERTOは、貧困を削減し環境を保守することを目的とする非営利、非政府組織です。調和のとれた発展を促進するKloto(クロト)地区にあるAgome(アゴメ村)と Tomegbe(トメグビ村)で1999年に若者のグループによって設立されました。 AGERTOは、トーゴで仕事のやり方がわからず道ばたで座っている青年に新たな機会を与えるために開発プロジェクトを奨励しています。

 

内容:
農業と林業開発
繁殖動物(鶏、豚など)や栽培作物(マンゴー、パパイヤなど)の庭園
再生可能エネルギープロジェクト
自己雇用への取り組み
女性と子どもに知識、技術の伝授
環境保護と保全
通信、放送、広告
情報やキャンペーン、開発活動を奨励する奉仕活動


センターに入ると、ゲストは温かいおもてなしと連帯感をもって迎えてくれる。溶接、木材大工仕事や縫製機械の音が生活感を引き起こす、センター内で行われた成果が通用するのか実証する。

ドイツとトーゴは連携しており、お互いの国旗が風になびいています。